高齢者講習

運転免許証の更新期間満了日の年齢が70歳以上の方は、免許更新手続きをする前に自動車学校等での「高齢者講習」の受講が義務付けられています。また75歳以上の方は高齢者講習の前に認知機能検査を受けなければなりません。認知機能検査とは、自己の記憶力や判断力の状況を知っていただくための簡易検査です。高齢者講習は検査結果が後日、運転免許センターから届きますので、その検査結果に基づいて受講していただきます。指導員がわかりやすく、丁寧にアドバイスを行いますので、これからも安全運転をつづけてください。


【重要なお知らせ】高齢者講習等に関する手数料について

法令の改正により、平成30年4月から高齢者講習等に関する手数料が下記の通り、改正されます。
(平成30年4月1日以降に高齢者講習を受講(検査)される方が対象です)

《高齢者講習手数料・合理化講習(小特を除く)》

 改正前 4,650円 → 改正後 5,100円(非課税)

《高齢者講習手数料・高度化講習(小特を除く)》

 改正前 7,550円 → 改正後 7,950円(非課税)

《高齢者講習手数料・臨時高齢者講習(小特を除く)》

 改正前 5,650円 → 改正後 5,800円(非課税)

《認知機能検査手数料》

 改正前 650円 → 改正後 750円(非課税)
 
何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。


高齢者講習 お問い合わせ専用電話
TEL:059-340-3307

受付時間:午前9:00〜午後8:00まで(休校日を除く)
お問い合わせの際は、お手元に講習通知書運転免許証をご用意ください。

高齢者講習の詳細な内容につきましては「全日本指定自動車教習所協会連合会」のホームページにわかりやすく解説されています。ぜひご覧ください。

高齢運転者支援サイトへのリンク
http://www.zensiren.or.jp/kourei/